神は天に在り、世は全てこともなし 壱

「神は天に在り、世は全てこともなし」
 
なんか、てっつがくぅ~って感じの言葉だけど、これはネルフマークの下に書いてある言葉だよ。NERV→ドイツ語で「神経」
NERVマークの葉っぱの下に書いてある英文は
「GOD’S IN HIS HEAVEN.ALL’S RIGHT WITH THE WORLD」
「神は天に在り、世は全てこともなし。」ロバート・ブラウニングの
 
「春の朝」という詩の一節
 
『赤毛のアン』のラストでは「神は天にいまし すべて世は事もなし」という訳だったと思う。(19世紀 詩人 ロバート・ブラウニングの「PIPPA PASSES」の一節)
 
「春の朝 」  ロバアト・ブラウニング(海潮音 上田敏)
 
時は春、日は朝、朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。
 
 
NERVマークの葉っぱは 聖書のアダムとイブ(エヴァ)がつけている
イチヂクの葉。
NERV→「神経」・ゼーレ→「魂。霊魂。精神。」・
ネルフ以前のゲヒルン→「脳」
ゲヒルンはドイツ語で「Gehirn」これを英訳すると「brain」「mind」「cerebric」etc
「brain」→脳、大脳、頭脳、知力
「mind」→〔思考・感情・記憶などをつかさどる〕心、精神、〔感情ではない〕知性、判断力
「cerebric」→脳の[に関する・から生じる]
なんか意味深に感じるのはボクだけか・・・。
(Wikipedia)・霊魂(Wikipedia)
 
 
で、な~んでネルフマークの下の文字が
「神は天に在り、世は全てこともなし。」なのか・・。
いろんな解釈の仕方があると思うけど、一般的なのは、
「人間の世界では色々と不幸があるようだが、天の視点から見ればそれは大したことではない。人がどんなに喜怒哀楽のるつぼに身をすりつぶされていようと、空を始め自然はそんなことには頓着せず悠々と広がっているではないか。」てな感じらしい。他にには
「この世のことは全て神の摂理のもとにある、神のお導きのままに」
「神が天にいらっしゃっり、世の中には何の事件も起こらない」
「大きな事件や天災もなく平穏無事に過ぎている有様」etc
 
 
だいたい、「神」って言葉が出てきちゃうと、う~んってなるなぁ。一概に「神」っていっても、宗教によっても違ってくるだろうし、歴史や文化によっても捉え方は違うんでないの?と思ってしまう。「神」の定義が人によって違うと思うんだよね。宗教なら、イエスキリストとかアラーとがヤハウェとかになるんだろうけど、呼び方が違うだけで、どうも同じ「神」のことを言っているらしいし。あぁ、だけど異宗教どうしでは認めている部分と認めてない部分があるみたいだしね。どうも、旧約聖書の創世記が元になってるみたいだけど、宗教に関してはれぞれそに教義も違うだろうし、詳しくないからよく分かんないよ。あと、仏教もあるし、自然神とかもあるしね。日本なら古事記で黄泉の国、イザナギとイザナミの話しとか。
(Wikipedia) イザナギ(Wikipedia) イザナミ(Wikipedia) 
古事記(Wikipedia) 黄泉(Wikipedia)
 
 
それともうひとつは、ここのところ流行してるスピリチュアルってやつね。簡単に言っちゃえば 「霊的」ってことだと思うけど、これも捉え方がいろいろすぎる。魂、霊魂、前世、守護霊、波動、オーラ、チャクラ、光、ワンネス、はたまた魂の浄化、スピリチュアルヒーリング、チャネリング、愛を学ぶ、etc
 
 
魂、霊魂、前世、守護霊、この辺は 日本人なら馴染みがあるしよく聞く言葉だね。波動ってのは、波動が高いとか低いとかってよく聞くけど、何をもって高いのか、低いのかってのがいまいちよくわかんねぇ。波動が低いより高い方がいいとか、波動を上げた方がいいとか、科学的根拠はないんだろうから、何を基準にジャッジしてるのかわからんね。自分自身が波動が高いと思っていれば、高いってことになるのかもしれないが、誰もが納得できる基準がなければ、それはあくまでも個人の感じ方でしかないんだろう。まあ、本人がそれで満足ならいいと思うけどね。
 
 
オーラって言葉も比較的聞いたことがある人は多いと思う。オーラのキルリアン写真は一時話題になっていたこともある。あと、チャクラって言葉も聞いたことある人は多いんじゃないかな。チャクラは東洋医学でいうところの主要なツボのことだよね。そう考えると、針とかお灸とかは歴史があるから なんとなく分かる気がする。正確には 経穴っていうのかもしれないけど、詳しくないのでよくわからん。
オーラ(Wikipedia)チャクラ(Wikipedia) ツボ(Wikipedia) 
経穴(Wikipedia)
 
 
あと、個人的にクセモノと思うのが「光」ってヤツね。太陽の光のことなのか、光の粒子のことなのか、ただ明るいことなのか、定義がいまひとつハッキリわからん。光に帰る、波動が上がると光になる、とか聞くけど、光の粒子になるってことなのか、波動が上がると本当に光になっちゃうのか、それって科学的に証明できるのかもわからん。それと、光になって神に帰る、とか聞いちゃうと新興宗教だよって言ってくれた方が納得できる。
 
 
魂の浄化ってのもよくわからん。魂の浄化っていうくらいだから、浄化しなくちゃ魂は汚い、ってことなのか。スピリチュアルヒーリングってのも、魂の浄化みたいなものだと思うけど、肉体の目で確認できないからこれもまた、よくわからん。自分自身が浄化されたと思えれば、浄化されたことになっちゃうんじゃねぇえの、と思ってしまうけど、確認のとりようがないいんで結局はわからん。
スピリチュアルヒーリング(Wikipedia)
 
 
そして、チャネリング。恐山のイタコみたいなものか、イタコよりイメージはスマートな感じだが、イタコ自体実際に見たことないしな。または、沖縄のユタみたいなものなのか。これも実際には見たことはない。チャネリングで有名な エドガー・ケイシーは知ってるけど。チャネリングできます、と言ってる人が、全てエドガー・ケイシーのようなことが出来るとは、到底思えない。だいたい本当に能力のある人は、自分からセールスしないっしょ。
 
 
イタコにしてもユタにしても、口コミがほとんどで自分自身でセールスしてる人は知らないぜ。まあ、エドガー・ケイシーは実在の人物だし、記録も豊富だから信憑性があるよね。特殊能力といっちゃえばそれまでだけど、人間自体にそこまでの能力差があるのかも疑問。神様が決めたと言われれば、はぁそうですか。ってなるけど、個人的には、人間自体に能力差があるわけではなく、その回路が開いているかどうかの差なんじゃねぇ、と思うわけだ。だって人間の脳って、10%しか使ってないとか、1%しか使ってないとかいうじゃん。全部使えたら何でもできるんでないの、と思っちゃうよ。これ、自分が出来るかどうかは別の話しね。まして魂があるとして、魂に関しては何も証明するものがない。通常の意識化では認識できない体験をしている人の体験談や記録だけだしな。
イタコ(Wikipedia)  ユタ(Wikipedia) 
エドガー・ケイシー(Wikipedia) チャネリング(Wikipedia)
 
 
あと、愛を学ぶ、ってヤツね。愛を学んで魂のレベルを上げましょう、って・・・・・???になる愛ってどうやって学ぶのさ? 道徳観みたいなものなのか?人に優しくしましょう、とか 人の為に尽くしましょうとか、ってぇことなのか? これまた、よくわからん。自分自身に優しく出来ないヤツが、なんで人に対して優しくできるのかわからんし、自分のために尽くせないヤツがなんで人に尽くせるのかよくわからん。だいたい、愛ってもんは 学ぶんじゃなく感じるもんだと思うけど、人によっては、愛は学ぶものになるらしい。 学ぶってこと自体、勉強みたいなことなのか?そう考えると、たくさん勉強していい成績をとったヤツは偏差値の高い学校へ行く、みたいに 愛を勉強すれば波動が上がるとか、魂のレベルが上がるとか、光に近づくとかになるのか? 勉強することを否定するつもりはないけど、勉強するのと、感じることは根本的に違うんでないの?と思うさ。
 
 
これら全てをひっくるめて スピリチュアルって言ってるんだろうけどさ。これまた、科学的根拠はないわけだから、信じるか信じないかはあなた次第、ってやつだよね。まあ、どのみち何が正解かなんてわからないし、個人の自由だから、何がいいとも悪いとも思わないけどね。ただ「ワンネス」ってのは、ユング心理学でいう 集合的無意識(普遍的無意識)が近いと思う。「ワンネス」とは この宇宙は唯ひとつである、という考え方だ。集合的無意識に近いと思うよ。
スピリチュアル(Wikipedia)
 
 
宗教は教義があるから、それを信じてそれに従うってことだって認識あるけど、スピリチュアルってのは、どうも教義みたいなものはないみたいだし、ヒーリングとか浄化をして、魂のレベルを上げる。愛を学ぶ。とか言われちゃうと・・・???となってしまう。「魂」ってのはあると個人的には思ってるけど、魂にレベルってあんのか???よくわかんねぇな。魂にレベルがあるとしたら「神」は人にレベルをつけて創ったのか?「神」ってそんなちっちぇことにこだわんのか?だいたい、「神」が人を創ったってことさえ証明できないじゃん。
 
 
また進化論でいえば、猿から進化して人になったのなら、猿だった時から魂のレベルみたいなもんがあんのか?だとしたら、すべての動物にレベルがあんのか???やっぱわかんねぇな。
進化論(Wikipedia)
 
 
でだ、「神は天に在り、世は全てこともなし」の別の解釈なんぞを試みる。長くなったので
 
 
次回 「神は天に在り、世は全てこともなし 弐」
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中